皮膚科でもらえる、おしりのできものの塗り薬

皮膚科でもらえるおしりのできもののの塗り薬にはいくつかの種類があります。

症状にあわせた薬が各々処方されますので、医師や薬剤師の指示に従って使用しましょう。

皮膚科で処方される塗り薬の種類をいくつかご紹介します。
まずは、抗ヒスタミン剤。アレルギー反応の抑止や、かゆみ止めに使います。軟膏の形のものが多いようです。湿疹や汗疹によく処方されます。

つぎに細菌性の湿疹そのほかできものに使う抗生物質。
菌の繁殖が旺盛で、化膿もしくは浸出液が出ている時に、使うことが多い薬です。

少し作用が強く、きちんと最後まで使わないと、菌がまた息を吹き返す心配もございます。またさきに書いた耐性菌には効きません。

次が有名なステロイド剤。
副腎皮質ホルモン剤で塗布することで炎症や皮膚の肥厚化、硬化を防ぎます。

アトピー性皮膚炎や、アレルギーの薬のイメージが強いのですが、ニキビや吹き出物のあとを消すのにも使います。

この薬は軟膏によって強弱があります。
どのものが処方されるかは、医師の判断によります。

よく効くジャンルの薬ですが、あわない場合、逆にかゆみが出る、湿疹が出る等の症状が起きることもあります。

また皮膚が薄くなり内出血しやすくなるということもありますので患部の観察が必要です。

しかしながら正しく使えば、危険なものでは有りません。あまり副作用と決めつけずに、上手に付き合っていきたい薬です。


他には患部の保護のための保湿剤ですね。
チューブ入りの軟膏、ワセリンのようなクリーム状のもの、化粧水のような液体などが処方されます。

皮膚科でよく使うものをざっとご紹介しましたが、他にもたくさん種類があります。

また、どのような時にどんな薬を出すかは医師の考え次第です。
強い薬でささっと治す方がいいという医師もいますし、時間はかかっても、副作用が少ない薬で治して行こうという医師もいます。

どの医師の考え方が、皆様のおしりのできものの治し方としていいかはその時の状況次第です。

そして一番大事なのが治ってからのケア。
これは皮膚科でもきっとアドバイスされると思いますが、回復した肌のバリア機能は毎日の保湿で維持していくようにしてください。

その時だけの処置は返って事態を悪くしてしまいます。

 

 

 

button
 

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ