ホルモンバランスと肌荒れ~経行ニキビとは?

乳房がはる、イライラする、肌荒れが出て、おしりにできものができる、ニキビだらけになる。

こうした不調を月経前に感じたことがある女の方は多いでしょう。この症状は月経前緊張症候群の典型的症状です。

おしりのできものが、ニキビや吹き出物と判断できる場合、こうした症状を
経行ニキビと言います。

何故こういうことが起きるのでしょうか。
それは妊娠に関わる女性ホルモンに大きなかかわりがあります。

女性の肉体は標準で月の満ち欠けと同じ4週間単位のサイクルを持ちます。月経、初潮という言葉も月にまつわるものです。

女性ホルモンは、妊娠の準備をする卵胞ホルモン、エストロゲン、その維持に働くプロゲステロンの2種に大まかに分けられます。

排卵を皮切りに、この両者が交代で優位に立ちます。エストロゲンは肌を保護しますので卵胞ホルモンが出ている間は、おしりのできものはできにくいと言えます。

ただ無理なダイエットや、ストレス、加齢でエストロゲンが卵巣から出なくなりますと、おしりのできものができやすくなるということになります。

周期的に出る肌荒れと、おしりのできものの治し方は、まずホルモンバランスを整えることです。男性でも少量ですが、エストロゲンは分泌されます。女性で、月経異常がある方は婦人科を受診し、根本的治療を行いましょう。

また、規則正しい生活と、栄養豊富な食事を心がけましょう。豆腐や湯葉など大豆からできる食品はタンパク質が多く、イソフラボンというエストロゲンに似た働きのものを含んでいます。

他にザクロなども同じような作用があると言われています。
また、ストレスもニキビや肌荒れ、おしりのできものを作るホルモンバランスの崩れを起こします。

人に話す、体を動かす、趣味に没頭するなどし、自律神経の乱れから体を守りましょう。

自分の身体のリズムを把握し、いつ肌荒れするかを掴み、その時の状況にあわせたケアを考え、上手に綺麗に治るおしりのできものの治し方を実践していきたいものですね

 

 

 

button
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ