皮膚疾患とおしり|できものが出来やすい理由

おしり即ち臀部は、人の身体の中でも特殊な事情を持つ部位です。

最初の項で、おしりのできものは見つけにくいと書きました。
しかし、この部位の皮膚程様々な皮膚疾患の可能性を秘めている部位は
そう無いのです。

一つ目の理由は比較的柔かいこと。

手や足の皮膚は外気にさらされることが多くやや強いのですが、おしりはあまりそういう事はありません。

そのためあまり強くないことが多いのです。皮下脂肪があるので、衝撃は吸収しますが摩擦には弱い。

因みにこの脂肪、固まっておしりのできものを作ることが頻繁にあります。
その場合の治し方は主に切除です。

他にもおしりに出来る良性腫瘍はいくつか存在します。時として悪性のものもあります。

つぎに、排泄器官が近いことも大きく関わります。
皆様トイレの時に、前から後ろに拭くという事を親御さんに教わったでしょう。

これは衛生上、とても重要な事で、膀胱はほぼ無菌に近いのに、肛門は大腸菌など、沢山の菌がいます。

ただでさえ衛生が保ちづらい部位が傍にあるのです。

因みに性感染症のひとつ、尖圭コンジローマは、稀ですが、肛門付近に小さないぼを作ることがございます。

気が付いたら人にうつしたということが無いように治し方を調べましょう。

皮膚には汗腺、皮脂腺があります。
皮下に通るこのふたつの分泌腺は本来肌の保護などの役割を担いますが、時に毛穴につまった吹き出物、汗疹などを作ります。

服に覆われて、むれやすく、かぶれも起きやすいのです。

特に座り仕事の方は注意がいります。
自分では「動いていないから汗をかかない」と思ってしまいますが、人の肌はいつも呼吸して微量の汗をかいています。

通気性の良くない下着が要因でおしりのできものができたり、悪化したりします。

また、おしりは下半身の筋肉と連結しており、日常の動作で動きます。
服の摩擦による小さな傷や、化学製品のアレルギーも起きやすいのです。

おしりのできものの治し方は沢山ありますが、本当は作らないように肌の状態を整えることが最も大切です。


 

 

 

button
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ