お尻の汗疹|症状と自宅で治す場合のコツ

汗疹(あせも)はおしりにできものができる皮膚疾患の代表選手です。

症状の特徴は、汗をかいた時に、一気に出る、ぷつぷつと赤味です。
湿疹のようになることもあります。

汗疹の原因は、皮膚がずっと濡れた状態になった結果、表皮と真皮に菌が入って、炎症を起こしたと考えられます。

あまりひどい場合は病院に行くことが大切です。
おしりのできものの治し方の本やサイトなどでは子供がなりやすい病気だとされます。

確かにおむつの赤ちゃんや外で走り回るお子さんは、なりやすいでしょう。
肌の抵抗力もまだ低い時期ですから。

ですが、大人でも、汗疹になる人は沢山います。
夏の暑い盛りにおしりにできものができたりする人もいますし、冬、暖房で汗をかくことで、汗疹ができやすくなることがあります。

特に敏感肌の人はご注意ください。

お尻の汗疹は、あちこちに菌が侵入するとびひになるので、掻きむしってはいけません。

我慢できない場合は皮膚科医に相談し、抗ヒスタミン剤などのかゆみ止めをもらって治療しましょう。

掻くと他の皮膚疾患にもつながります。
汗疹のもっともよい対処法は、洗う事とその後の保湿ケアです。

肌ぐらいの温度の蒸留水で、そっと流す。もしくは適温の蒸しタオルで優しく汗をぬぐう。

今はデオドラントシートも出ていますので、それを使います。
濡れたままの状態にしないことが汗疹治療で一番のポイントです。

昔はシッカロール、ベビーパウダーを使い、汗を吸うというのが定石でしたが、今は傷に詰まるという事で、汗疹ができた後は使わない方がいいということになっています。

ただし、予防には効果があるそうですよ。
現代ではおしり専用の保湿&肌荒れ改善ジェルがありますので
それらできちんとケアすることが効果的です。

また、汗をかきやすいけれど拭えない方は、スーパーや衣料品メーカーが出す吸湿速乾インナーを使うと少しは違います。

下着の替えを会社のロッカーや、鞄に入れておきましょう。
かゆみが出たら取り替えるのが一番です。

また激しく動くと温まってかゆくなるので症状が出ている間は派手な運動は避けるようにし、肌の回復を待つのがよいようです。


 

 

 

button
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ