男性と女性では、どちらがおしりにできものができすい?

総ての疾患がそうとは言い切れませんが、おしりのできものは男の方の方がなりやすいと言われています。

特に吹き出物、皮脂が毛穴につまったニキビの状態は、男の方の方が悪化しやすいです。

皆様、握手などで異性の手に触った時のことを思い出してください。
女性の手は、ふんわりと柔らかく、男の人の手は少しざらっとしています。

時々脂っぽい方もいますね。この肌の性差は、性ホルモンの差です。

女性は妊娠、出産という大仕事を生物学的に背負います。
その代償というといい方は良くないかもしれませんが、妊娠可能な時期には、男の方に比べて女性ホルモンの恩恵を受けます。

エストロゲンが多い時期は薄毛にもなりづらく肌あれもし辛い。
男の方はアンドロゲン、男性ホルモンが多く皮脂や汗を出しやすいので、おしりのできものができやすいと考えられます。

また、ストレス耐性にも性差があります。
女性の方が脳梁が太いので、コミュニケーションにおけるストレスは多いと考えられます。

うつ病患者も女性が多い。一見軟弱に見えますが、ここぞというときは女の方が強いのです。

うさぎの足を縛り、餌を前に置くとオスはショックで食べません。しかし、メスは普通に食べる。つまり、生き残ろうという本能が強いのです。

社会的にも男の方の方がシビアなストレス状態に置かれます。

辛い、痛いという事を女性は言えますが男性は言うと「めめしい」ときます。

ぐっと我慢して体に来てしまう方が多いのです。IBS過敏性腸症候群、またの名各駅停車症候群という急にお腹の具合がよく無くなる病気があります。

ストレスなどが要因ですが、男の方の方が多い病気です。

他に胃腸の障害を起こしおしりのできものができる要因のヘリコバクター・ピロリ菌も男の方の方が保有率が高いそうです。

この菌は胃がんの原因菌のひとつだと言われ、日本人が多く持つ菌です。

様々な要因が起こす男ならではの、おしり皮膚疾患、気苦労を少しでも減らしたいものですね。


 

 

 

button
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ