おしりのできもの治療の一歩は、症状と種類を知るところから

でもの腫れものところ構わずという古言はよく言ったものです。
よりによって、おしりにできものができた日には、大ショックでしょう。

症状が進むと、座ると痛いし、なかなか治らない。
なんとかしておしりのできものの治し方を知りたいですね。

そのためにはその「できもの」が「どんな種類のもの」なのか知る必要があります。
おしりのできものと言っても、その種類は様々です。

例えばおしりのニキビや吹き出物といった尋常性ざ瘡という疾患。

これは専用ジェルによる保湿と薬で治ります。
膿むような湿疹は抗生物質などが有効です。

赤ちゃんに多いお尻の汗疹(あせも)はこまめな清拭などが重要な おしりケアとなり、汗をかいた後の処置も大切。

他にアテローマという毛穴のつまりや脂肪の塊もおしりのできものの一種なのですが、 いずれにしても症状が大きくなる前に皮膚科で見てもらう事が基本です。

成人した方は、部位が部位なので、受診しづらいかと思いますが、下半身は蒸れやすく中々治らないことが多いので、きちんと薬や適切なケアを施して、治していくべきです。

悪化しますと外科処置が必要になります。

また、肌荒れとおしりのできものが同時に起る場合、食事、睡眠等の生活習慣を改善する必要があります。理由は肌の状態と自律神経およびホルモンバランスは密接に関わっているからです。


おしりのできものを引き起こす要因と治療法

おしりのできものが多い方の特徴は、皮脂の分泌が多く、肌を守るセラミドや
ホルモンの一種であるエストロゲンが少ないということが理由として挙げられます。

あとはストレス等も肌荒れを起こし、おしりにできものを作る要因になります。

疲労はその日のうちに取り、長引かせないようにしましょう。風邪もできものが悪化する要因になりますので、免疫力をあげることがおしりのできものの根源的な治し方となります。

漢方薬なども何度もできものができる場合は有効かと思われます。

またおしりのできものの要因のひとつには、過度の湿潤状態(蒸れ)と乾燥が考えられます。
どちらも肌に菌が入り込み、汗疹(あせも)などを起こす要因になります。

入浴などで衛生を保ち、肌に傷がつかないように保護することが肝要です。 少しずつかつ的確に治療していきましょう。

おしりのできものケアにおすすめの薬用製品

  • おしり専用薬用ジェル ピーチローズ

    • おしりに必要なセラミド・ビタミンEなど栄養成分が豊富
    • おしりの皮膚に効率的に成分を届ける「ナノ化テクノロジー」
    • 吹き出物・ニキビ跡・あせもの予防・ケアには最適
    • 美容サイト「アットコスメ」でランキング1位の安心製品

    おしりのトラブルに悩む方のために開発された 「おしり専用」の保湿・美白ジェルです。 皮膚疾患の原因のほとんどが肌の健康が損なわれている状態。 ピーチローズは、おしりに必要な栄養分をしっかりと皮膚の角質層へ届け 肌のターンオーバーを正常な状態へと導きます。 その効果は他の製品と比べても一目瞭然!一線を画します。

    button

当サイトは、一言で「おしりのできもの」と分類される様々な症状について ニキビ・吹き出物・あせも等、皮膚疾患全般の症状や原因、治療法などを解説しています。

自宅でできものをケアしたい方のために、おすすめのお薬やケアグッズについてもご紹介して参りますので、是非参考にしてください。

世界的に見ても、日本人の肌質はおしりや背中など、皮膚が硬い部分に疾患がでやすいようです。ひとりで悩んでいても、何の解決にもなりません。

正しいケアや治療を行なえば必ずおしりのできものを治す事はできますので 一緒に綺麗なおしりをめざし、頑張って参りましょう!



サブコンテンツ

このページの先頭へ